材料・微量成分分析

定量分析

材料・素材分析

化成品、有機溶剤、セラミックスなど様々な製品中の主成分分析や不純物としての微量分析まで、
幅広く対応します。また、公定法や業界方法等などのお客様のご要望に応じて分析します。
分析の目的や試料の状態に合わせて、適切な処理を行い、精度の良い分析結果を迅速にご報告出来るよう、努めております。

主な前処理

分析において前処理は分析精度に係る重要な要因です。
弊社では、目的元素の予想濃度や形態に合わせて、次に示す様々な手法を用いて分析いたします。
また、分解が難しい試料の場合は、これらの手法を組み合わせて適切な処理を行い、精度の良い分析結果をご報告いたします。

物理的手法 化学的手法

切断
粉砕
凍結粉砕
ろ過
乾燥
濃縮

酸分解(解放系、密閉系)
マイクロウェーブ分解
アルカリ融解法
乾式灰化
管状炉燃焼
抽出
共沈

主な分析装置
誘導結合プラズマ(ICP)発光分光分析計 無機・有機化合物中の主に金属元素の定性・定量
原子吸光光度計 無機・有機化合物中の主に金属元素の定量
ガスクロマトグラフ FID:揮発性有機化合物全般
TCD:無機ガス・揮発性有機化合物全般
ガスクロマトグラフ質量分析計 揮発性有機化合物の定性・定量
吸光光度法 クロムやリンなどの金属元素や非金属元素の分析
自動滴定装置 液体中のイオンの定量、酸濃度定量
イオンクロマトグラフ 溶液中のイオン成分の定性・定量
自動燃焼/イオンクロマトグラフ 無機・有機化合物中の主にハロゲン元素の定性・定量
炭素・硫黄分析装置 無機物中の炭素・硫黄の定量
全自動元素分析計 有機物中の炭素・水素・窒素・硫黄の定量

分析事例
マイクロウェーブ分解装置による分解

・密閉した状態で分解するので、カドミウムや水銀など、揮発しやすい元素の分解に適してます。
・外部からの汚染を軽減できるので、試料中の微量元素分析にも適しています。
・専用容器に試料と酸を加えて密閉し、マイクロ波を照射します。

炭素材中の鉄の微量分析

・試料を乾式灰化します
・灰化後の残渣を酸分解し、ICP発光分光分析装置を用いて測定します。

金属(鉄鋼、非鉄)

 鉄鋼製品や非鉄系金属中の各種元素分析を行います。金属材料の規格適合検査や製品の品質検査に役立てて頂けます。
 また、化学的性質分析だけでなく、物性的性質分析にも対応いたします。ご相談下さい。

受託分析

 お客様からご提示頂いた分析法に柔軟に対応いたします。製品の品質管理など、弊社が代行いたします。
 コンプライアンスを遵守いたします。ご相談下さい。